横浜港に最高の景色アリ!

1113
横浜港のみなみらい地区の夜景は日本を代表するとても綺麗で素敵な夜景です。
そんな横浜港は多く人々を魅了させます。

山下公園、港の見える丘公園、みなとみらい地区から見物するのが一般的ではありますが、
実は屋形船から見物できると言った特等席があります。

屋形船と言ってもイメージが沸きにくいかもしれませんが海上の動く料亭とお考え下さい。
湾から少し外れた水路にある乗り場から乗船し横浜港内を目指します。

そこへ向かう途中の景色も普段見る事のできない水上からのものとなり、
ひと味違った感覚を覚える事ができます。

しかも冬の寒い時期でも船内は暖房を完備していますのでとても快適に過ごせます。
そこへビールで乾杯し宴のスタートです。

揚げたてのさくさく天麩羅や、新鮮な海の幸やサラダなどが絶妙のタイミングで提供されます。
アルコールやソフトドリンクも複数飲み放題で楽しめるほか、
最新の通信カラオケで盛り上がることもできます。

もちろんトイレも完備しているので安心して過ごせます。

このような楽しみ方ができる屋形船は湾の中でしばらくの間停泊します。
提供される新鮮なネタの食事やアルコールを飲みながら海上から見渡す横浜港の360度の夜景は、
この屋形船に乗船したからこそ味わえる感動となります。

夏の花火大会の時期はこの感動にプラスしてこの景色と花火を独り占めできる感覚となります。
遮るものもひとつもないので、さらにデッキに出ることで自分自身が
この景色と花火に一体化した感覚となり、全てを独占した気分で花火大会を楽しむことができます。

同じ花火を見物するのにも人で混み合った中で見物する花火と、
自分だけの空間で見物する花火とのギャップの大きさに気づくことができます。

夜景の横浜港と花火をバックに記念写真も誰にも邪魔をされずに撮ることができます。

横浜港で屋形船から花火大会を見物することで夏の大切な思い出ができること間違いありません。

コメントを残す

ページトップへ

ページトップへ