横浜港から眺める夜景は大迫力!忘年会シーズン!屋形船は早めのご予約を!

6510722f684156e53f0372aed21fd2cf_s
日本では、冬になると各地で忘年会や新年会など開催されて、
遠方からも多くの観光客が横浜に訪れます。

横浜では、横浜港から眺めることができる夜景が人気を博しています。
屋形船に乗り、迫力のある夜景を見るのを毎年楽しみにしている人は少なくありません。

屋形船の歴史は古く、そのルーツは平安時代まで遡ることができます。
平安時代は、貴族などの特権階級だけが楽しめる娯楽でした。

屋形船が今のように庶民にも楽しめる娯楽となったのは、江戸時代からです。
江戸時代は、河川を移動するために舟が使われていました。

移動手段だった舟は、次第に武士や商人、町民が楽しめる娯楽へと発展していきます。
明治維新後も水上で楽しく過ごす文化は受け継がれていき、
現在ではモダンにアレンジされて設備も充実しています。

屋形船の船内はエアコンや水洗トイレが完備され、豪華な食事も提供されています。

新鮮な刺身の盛り合わせや海鮮天ぷらなど横浜の網元だからできる料理は、大人気です。

海鮮てんぷらは、屋形船料理の主役とも言われています。
特に巨大な穴子や有名です。伝統の屋形船料理を提供できる船は少なくなっています。
その理由は、質の高い穴子が獲れなくなっているからです。
しかし、網元の屋形船は、毎朝横浜の海へ漁船を出して新鮮な穴子を仕入れているので、
今でも昔のように伝統の屋形船料理を提供できるのです。

海鮮サラダや肉団子、田舎風煮物もあります。
カニとご飯ものも付けることが可能です。
ここ数年、忘年会などの宴会に屋形船を使うケースが増えています。
最新のカラオケシステムもあるので、皆で楽しむことができます。

異国情緒溢れる横浜の海に出ると、非日常の世界に入ります。
幻想的な横浜のナイトクルージングは、カップルにも人気があります。

飲み放題コースは、男女を問わず多くの人が利用しています。

イベント情報は、ホームページに詳しく掲載されており、
予約や問い合わせはメールでも電話でも受付けています。

コメントを残す

ページトップへ

ページトップへ